menu
close

ブログ

投稿日:2023.9.11

装置が外れたときの対処法は?

札幌キュア矯正歯科です🐋
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日は矯正治療中に装置が外れてしまったときの対処法についてご紹介していきたいと思います🖊️

矯正装置(ブラケット)外れてしまったら

歯の表面に装着しているブラケットは、歯面に強固に接着していますが、矯正治療が終わると外すことを前提に作られているため、治療中に外れてしまっても慌てる心配はありません。
矯正装置(ブラケット)が外れてしまったら、自己判断せずにすぐにご連絡をお願いいたします!🙇🏻‍♀️

矯正 口内炎

来院日までは保護用ワックスで歯の表面に固定しましょう。(保護用のワックスは装置を付けた日にお渡し致します)
もし、装置がワイヤーから外れてしまった場合は失くさずにお持ちください!

ワイヤーが外れてしまったら

ワイヤーがブラケットから抜けた状態だと、引っかかって痛みが出たり、頬粘膜や歯茎を傷付けることがあります😖
そのため、装置が外れたときと同様に、ワックスで固定しておくことをおすすめします!

札幌 矯正歯科

もし、ワックスで固定が難しい場合は爪切りやニッパー等で短くカットするなど応急処置し、歯科医院へご連絡をお願い致します。
歯列矯正の初期に使用するワイヤーは細く、柔らかいため、装置からワイヤーが抜けたり、切れたりする可能性も高くなります。
抜けたまま放置すると、頬粘膜や歯茎を傷付いてしまうため注意しましょう⚠️

結紮線(リガチャーワイヤー)が飛び出している場合

結紮線とは装置の上から止めている細いワイヤーのことを指します。
結び目が飛び出してしまった場合は、爪楊枝やお箸🥢などでワイヤーの下に押し込むと違和感が軽減されます。
この時、強い力をかけすぎるとブラケットが外れる可能性があるため注意しましょう😵‍💫

ブラケットが外れる原因

最初にお話したように、最終的にブラケットを外すことを考え作られているため治療途中に外れてしまうこともあります。
少しでも外れるリスクを減らすために外れてしまう原因をご紹介いたします🧸

①固いものを噛んでしまう

お煎餅🍘やナッツ🫘など固いものを噛んでしまうと装置が外れるリスクが高まります。
また、前歯などでお肉🍖など引きちぎってしまうと装置が外れてしまうため、引きちぎったりしないよう気をつけましょう😌

②粘着性の食べ物

キャラメル🍬やお餅など歯にくっ付きやすい粘着質の食べ物も装置が外れる原因になってしまうため、矯正治療中はなるべく避けるようにしましょう。

③指や舌で装置を無意識に触ってしまっている

ブラケットを装着すると、違和感が出るため、無意識に舌で装置を触ってしまう方がいます。
強い力でなくても毎日少しずつ押しているとワイヤーがズレたり、外れたりしてしまうことがあります。
無意識の行動であるためすぐに治すことは難しいかもしれませんが、周囲の人に協力してもらうなど対策をする必要があります😔

ブラケットが外れやすい人の特徴

天然歯(治療していない歯)に比べて銀歯やセラミックなどの補綴物が入っているところは装置が外れやすくなってしまいます。
ブラケットを付ける接着剤は歯のエナメル質と接着しやすくできているため、補綴物との相性が悪いことが原因で外れやすくなってしまいます。
治療を進めていく過程で、何度も外れてしまう場合はバンドを使用したり、一時的に仮歯に置き換えたりして治療を進めていくのでご安心ください☺️
また、治療を開始したときは理想的な歯並びではないため、正しい位置に装置を付けると装置と歯が当たってしまい、外れる原因になります。
治療が進み、噛み合わせが安定するまではブラケットの位置を変えて装着したり、上の奥歯にバイトアップ※を付けたりしながら治療を進めることがあります。

※バイトアップとは

上の一番奥の歯に付ける青い材料のことを言います。

歯科矯正用アンカースクリュー

材料を盛った部分のみで咬合するため、装置と歯が当たらなくなりますが、前歯が空いた状態になるため、お食事がしにくい、喋りにくいと言ったデメリットもあります💦

最後に

装置が外れてしまったとき、「次の予約まであと少しだから…」と自己判断し、放置してしまうと、ちょっとの期間でも歯は動いてしまいます!
歯が動いて後戻りしてしまうと、計画通りに治療が進められなくなってしまい治療期間も伸びてしまいます。
装置が外れてしまったときにはすぐにご連絡・来院をお願いいたします🙇🏻‍♀️

ご一読ありがとうございました🏹