menu
close

ブログ

投稿日:2022.8.1

芸能人は歯が命!芸能人の口腔ケアと歯列矯正

みなさまこんにちは。 札幌キュア矯正歯科です。
最近では、普段の生活や職業柄によって「見た目の良さ」や「審美性」を重視している歯列矯正の需要が高くなりました。
矯正装置の種類によって、見た目の印象を変えることなく歯列矯正を受けられることから、
メディアで活躍する芸能人にも矯正治療を受ける方が増えてきています。

テレビで活躍する芸能人は歯並びも良く、歯の色も綺麗な方がほとんどです。
どのようなセルフケアで綺麗な歯を維持できるのか、
歯列矯正はどんな治療をしているのか気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、8月1日、本日の「歯が命の日」にちなんで
綺麗な歯を維持するためのセルフケアや、芸能人が選ぶ歯列矯正の種類についてお伝えしていきます。

「芸能人は歯が命!」8月1日は歯が命の日

「芸能人は歯が命」というキャッチフレーズをご存知でしょうか?
1995年に放送された歯磨き粉「アパガード」のテレビCMで話題になった言葉です。
当時は、その年の流行語大賞に選ばれるほどでした。

札幌 歯列矯正

令和になった今は、日本人は世界でも平均寿命の長い100歳の時代になりました。
年齢を重ねても輝く笑顔でいられるように、現代は「一般のすべての人も歯が命」の時代です。
「80歳になっても20本の歯を保とう」という8020運動も、多くの方に知られるようになりました。
「8月(歯が)1日(命)の日」の語呂合わせから8月1日は、
健康で美しい歯の大切さを改めて考える日として、「アパガード」の会社であるサンギが制定した記念日です。
美しい歯を持ち、輝いている方を表彰する「サンギ 歯が命アワード2022」では、デヴィ夫人(国際文化人)が受賞され注目されました。
デヴィ夫人は予防を大切にされ、82歳の年齢で28本すべてがご自身の歯を保っていらっしゃいました。
「芸能人だから当然なのでは?」と思われがちですが、私たちも自分の歯を大事にして
口腔ケアを怠らなかった場合、彼女のように健康な歯を保ち続けることができます。

綺麗な歯を維持するためのセルフケア

芸能人のような綺麗な歯を維持するためには、どのようなセルフケアをしたら良いか気になる方は多いのではないでしょうか。
綺麗な歯は、虫歯や黄ばみのない白い歯が理想的な状態です。
理想的なお口の状態を維持するためには、効果的なセルフケアを習慣化する必要があります。

【セルフケアのポイント】

札幌 歯列矯正

①毎食後に歯磨きをする
②歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目など歯垢が残りやすい場所を意識して磨く
③タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどの補助用具を使用する
④定期的に歯ブラシを交換する(1ヶ月程度)
⑤着色しやすい飲食をした後はこまめにうがいをする
⑥フッ素配合の歯磨き粉や洗口剤を使う

みなさんは上記のような歯磨きができているでしょうか?

歯磨きは、できれば毎食後に行った方が良いでしょう。
歯磨きをするときは歯ブラシを小刻みに動かして丁寧に磨きます。
前歯は1歯ずつ縦磨きをすると歯の隅まで歯ブラシの毛先が届きやすくなります。

歯ブラシの毛先が開いていると磨き残しが起こりやすいため、定期的に新しいものと交換するようにしましょう。
毛先が大きく開いていなくても、歯ブラシの毛のコシが落ちるため1ヶ月程度で交換することがおすすめです。
タフトブラシや、デンタルフロスなどの補助用具を使うこともおすすめです。

札幌 歯列矯正

歯磨きだけで取れる汚れは全体の60%と言われており、デンタルフロスなどの補助用具を使うことで
全体の80%まで歯垢を除去できるといわれています。

また、着色や黄ばみの原因になる飲食をしたときは、こまめにうがいをして歯に色素が定着しないようにしましょう。
赤ワインやカレーなど色の濃いものが歯の着色を起こしやすいため注意しましょう。できれば喫煙も控えた方が良いでしょう。

仕上げにはフッ素配合の歯磨き粉や、洗口剤を使うと自宅で虫歯予防が簡単にできるためおすすめです。
芸能人のような綺麗な歯を維持していくために、ご自身のライフスタイルに合わせて
できることからセルフケアのレベルを上げていくようにしましょう。

欧米人と日本人の歯の意識の違い

世界でも口腔ケアや歯並び、矯正治療に関する考え方には大きな違いがあります。
日本人は欧米諸国に比べ、自分の口腔内への関心・意識が少ないと言われ続けています。
特にアメリカは歯に対する美意識が強く、歯の美しさや、歯にお金をかけることは社会のステータスになるほど重視されています。
歯並びの悪さや、歯の黄ばみは、「貧しい家庭」「だらしない」とみなされるため、子どものうちから歯列矯正を積極的に受けさせるべきと考えられています。

大人の歯並びの悪さは自己管理の低さと捉えられてしまうこともあり、就職や仕事の取引などにも影響があります。
日本では、矯正装置が見えることを気にする方が多いですが、欧米ではステータスとして、あえて目立つ矯正装置をすることが好まれています。
世界で活躍するモデルや、スポーツ選手、俳優の方は欧米の方ともお仕事をする機会があるため、歯並びが整っており、白くてきれいな歯のイメージがあります。

芸能人が選ぶ歯列矯正の種類

①裏側矯正

人前に出ることやスポットライトを浴びて撮影される芸能人は、常に人からの視線が集まり「見られるお仕事」です。
口元の印象をさらに美しくしたいと、密かに矯正治療をしている芸能人の多くは、「裏側矯正」を選んでいます。

札幌 歯列矯正

裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置を装着することで、口を開けたとしても覗き込まなければ見えることはありません。
綺麗な白い歯は清潔感があり好感のある良い印象があります。
特に芸能人は好感度が重視されるため、矯正装置の見た目の印象にも配慮している方が多いです。
「バレない矯正」として裏側矯正はとても優れています。
目立たないため、芸能人に限らず、周りに知られずに歯列矯正がしたい方や、見た目の印象を変えたくない方にとってもおすすめの歯列矯正です。

②マウスピース矯正

札幌 矯正歯科

マウスピース矯正は、透明で薄い装置を口の中で取り外しをして使うことができます。
取り外しができるため、歯磨きやマウスピースの清掃もしやすく、清潔に使うことができます。
治療がデジタル化されており、治療計画を3Dシュミレーションで見る事ができます。
対応症例も比較的多いですが、抜歯が必要な重度の症例は対応できないこともあります。
治療中の痛みも少なく、通院回数が1〜3ヶ月に1回程度の通院で済むため、マウスピース矯正を選ぶ芸能人も多くいらっしゃいます。


③目立たない表側矯正

札幌 歯列矯正

表側矯正は目立つイメージがありますが、最近では装置やワイヤーの種類によって目立ちにくいものがあります。
従来の金属製の装置は目立ちますが、プラスチック製やセラミック製のブラケット装置などは目立ちにくい特徴があります。
表側矯正をする場合でも目立ちにくい装置を選ぶ芸能人の方が多いです。

最後に

芸能人の口元や歯が綺麗な理由は、丁寧な口腔ケアや歯列矯正をされていることの賜物かもしれません。
ただし、人によってお口の中の状態や、お悩みは違うため芸能人と全て同じようにするのではなく、
自分に合った口腔ケアの方法を見つけることや、歯並びの症状に合った歯列矯正を選ぶようにしましょう。

札幌キュア矯正歯科に来院される患者様は皆さんとても意識が高い方が多いです。
矯正装置の装着後は、歯垢や汚れが落ちにくくなるため、虫歯や歯周病を予防するためにはより丁寧に口腔ケアをする必要があります。
毎月、来院される患者様の口腔内を見させて頂くと、時間をかけて丁寧にケアされていて、
難しい箇所の汚れも努力して磨かれているお口の中を見て、密かに尊敬の眼差しで見ています。
歯並びでお悩みの方や、歯列矯正をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご一読いただき、ありがとうございました☆