メニュー

ブログBlog

投稿日:2023/04/05

出っ歯が引き起こす弊害って?

札幌キュア矯正歯科です🍌
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日は当院の患者様の主訴にも多い出っ歯が引き起こす弊害についてお話していこうと思います📝

出っ歯とは

札幌 矯正 咬み合わせ
出っ歯とは不正咬合の一つで「上顎前突」といい、上の前歯が下の前歯よりも前方へ出ているため、上顎と下顎がうまく噛み合っていない状態を指します。
この出っ歯は受け口(反対咬合)と同じく日本人に多いと言われています😖
前歯が過剰に出ているため、どうしても見た目にコンプレックスを感じている方も多いのですが、実は見た目だけではなく、全身の健康へ影響を及ぼすこともあります…💦
そこで、上顎前突が引き起こす問題をいくつかご紹介します。

原因

指しゃぶり
出っ歯になる原因としては先天的なもの、後天的なもの
が考えられます。
先天的な理由としては骨格の遺伝です。顔の特徴(目の大きさや鼻の高さ等)が遺伝するように、歯の大きさや顎の骨なども親から子供に遺伝する場合があります。
一方、後天的な原因は、幼少期の指しゃぶりや口呼吸、舌癖によって、歯の向きが少しずつズレてしまうことで出っ歯になってしまいます。
このような癖は、上顎前突だけに限らず、上下の歯を嚙み合わせたときに上下の前歯の間に隙間ができてしまう「開咬」など、あらゆる不正咬合を引き起こす原因となってしまいます😢

出っ歯を放置するとどうなる?

➀前歯を損傷しやすくなる

前歯が前方に出ているため、転倒や衝突した時に前歯の損傷や破折リスクにつながってしまいます。
ぶつけてしまう等のけがにより、歯がグラグラ揺れてしまったり、歯が完全に抜けてしまう可能性もあります。

②虫歯や歯周病になりやすくなる

出っ歯(上顎前突)という不正咬合は、唇を自然に閉じにくいという特徴があります。
自然な状態で唇を閉じることができなければ、口の開いている時間が長くなることで口腔内が乾燥しやすくなり、口腔内の細菌が増殖しやすい環境となります😖
その結果、口腔内の免疫力が低下してしまい虫歯や歯周病などのリスクが高くなってしまいます。
また、出っ歯の方は多くの場合、ガタガタの叢生(そうせい)と呼ばれる症状を伴っていることがあり、歯磨きがしにくいことでむし歯のリスクが非常に高まってしまいます。

③風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすい

風邪
口腔内の乾燥状態が続いてしまうと、虫歯や歯周病だけでなく、風邪などの感染症のリスクも高まります。
唾液の分泌が低下してしまうことで、細菌が繁殖しやすくなり、感染症に罹りやすくなってしまう可能性があります😢

最後に

いかがでしたでしょうか。
出っ歯を放置しておくと見た目の審美的な問題やお口の中の問題だけでなく、全身の健康にも影響してきます。
ご自分の口元や歯並びで気になることがあればいつでもご相談ください😊

ご一読ありがとうございました🌼

« »

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-526-085

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-526-085
閉じる