menu
close

ブログ

投稿日:2022.10.18

顔の歪みは歯列矯正で治るの?

「顔が歪んでいるのが気になるけど、矯正治療をしたら治るの?」と気になっていませんか?
顔が歪む原因はいくつか存在し、歯の状態によっても見え方に差があります。
審美面はもちろん健康面を考えても、顔の歪みを放置することはあまりおすすめできません。
こちらのページでは、顔の歪みの主な原因や、歯列矯正で治せるケース、治すのが難しいケースについてくわしくまとめました。
現在歯列矯正中の方はもちろん、これから治療をはじめる方もぜひご参考ください。

顔が歪む主な原因は「かみ合わせの悪さ」

かみ合わせが悪いと、食べ物を十分に噛めないだけでなく、表情筋の負担が偏ることで顔の歪みや顎関節症のリスクが高まります。
かみ合わせは1日や2日で急に変わるものではないため、自覚がない方も少なくありません。
虫歯や歯周病、詰め物や被せ物などのトラブルがおこらないとかみ合わせは変わらないと思っている方も多いと思いますが、歯は完全に固定されているものではないため、健康な方でも時間をかけて徐々に変化していきます。
現在トラブルがおこっていない方も、定期的な確認や調整は忘れないようにしましょう。

札幌 歯列矯正 不正咬合

かみ合わせはなぜ悪くなる?考えられる6つのこと

かみ合わせが悪くなりやすい人の特徴として、以下の6つが挙げられます。一つでも当てはまる方は、一度歯科医院でチェックしてみましょう。

札幌 歯列矯正

かみ合っていない歯がある

かみ合わない歯があると、正しく使えている歯に必要以上の負担がかかります。
偏った噛み方は、表情筋の負担の差が広がってしまい顔の歪みにつながるため、注意しなくてはいけません。
首や肩の慢性的なコリや痛みの原因になることもあります。

札幌 歯列矯正

歯がない部位を放置している

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、その部位を放置していると徐々に両隣の歯が倒れてきて、かみ合わせが悪くなります。
抜歯後は、歯の機能を回復するための「入れ歯」や「ブリッジ」「インプラント」のいずれかの治療を受ける必要があり、それらはほかの歯を守るための治療といっても過言ではありません。
倒れてしまった歯は矯正治療でも治すことはできますが、歯周病で歯のグラつきがみられるケースは治療が受けられない場合があります。

札幌 歯列矯正

痛みを放置している

痛みがあると無意識にその部位を避けて噛むようになるため、負担のかかる部位に偏りができます。
結果的に顔の歪みにつながるため、注意しましょう。
痛みの原因を明らかにして、正しく対処することが大切です。

札幌 歯列矯正

頬杖やうつ伏せ寝など悪習慣がある

頬杖やうつ伏せ寝は下顎が強制的にズレるため、長く続けばそれだけかみ合わせが悪くなります。
顎関節症のリスクも高くなることから、早めの改善がおすすめです。
しかし、悪習慣は本人に自覚がないケースも少なくありません。
周囲のサポートがあると改善しやすいので、ご家族やパートナーと一緒に住んでいる方は協力してもらうといいでしょう。

札幌 歯並び 

歯ぎしりや食いしばりをしている

歯ぎしりや食いしばりは、歯や顎関節に大きな負担がかかります。
とくに噛んだまま横にスライドさせるタイプの歯ぎしりは、歯が無理やり動かされるため、かみ合わせが変わりやすい傾向にあります。
過去に神経を取った歯だけでなく、神経が生きている丈夫な歯にヒビが入ったり、割れたりする可能性もあるため注意しましょう。

札幌 矯正歯科 食いしばり

骨格に問題がある

上下の顎骨のバランスが合っていなかったり、左右にズレたりしていると、顔が歪んでみえます。
骨格の問題は遺伝の可能性が高く、顎骨の成長が止まった後の治療では「外科手術」が必要になるケースも少なくありません。
顎骨の成長期に行う小児矯正では、専用の装置を使って顎骨を広げることが可能です。
お子様の骨格がご心配な方は一度ご相談ください。

札幌 歯列矯正

歯に問題がある場合は歯列矯正で治療が可能

歯列矯正は、基本的に「歯」に問題がある場合のみ対応できます。
小児矯正の場合は、装置を使って顎骨を広げることができるため、顎骨の大きさの問題は解決が可能です。
しかし、形に問題がある場合は、外科的治療が必要になるケースもありますので、事前の精密検査でしっかり見極める必要があります。
お口のなかの状態だけでなく全身や生活スタイルなども考慮して、できるだけ負担の少ない治療をご提案させていただきます。

札幌 歯列矯正

MFTトレーニングを合わせるとより効果的

口周りの癖が原因で歯並びやかみ合わせが悪くなっている場合は、歯列矯正をして整えても後戻りがしやすい傾向にあります。
唇や舌の癖を直すMFTトレーニングを組み合わせることで、後戻りがおこりにくい仕上がりになるのでおすすめです。
顔の歪みを改善しやすいのも、治療を組み合わせるメリットといえます。
MFTトレーニングは、小さなお子様でも簡単にできるトレーニング法で、習慣化しやすいのが特徴です。
舌癖 札幌 歯列矯正

部分矯正で治すのは難しい

かみ合わせは、基本的に奥歯の状態によって決まるため、矯正治療を行う場合は前歯のみを対象とした「部分矯正」ではなく「全体矯正」を選択する必要があります。
歯を引き上げたり、高さを維持したまま真横に動かせるのはワイヤー矯正の強みであり、マウスピース矯正では追加で装置が必要になったり、計画どおりにすすまずに治療期間が延びる可能性があります。
歯並びによっては、マウスピース矯正よりもワイヤー矯正のほうが治療期間が短く済み、仕上がりも良くなることを覚えておきましょう。
札幌 歯列矯正

骨格に問題がある場合は外科手術が必要になる可能性も

顎骨の成長が止まると、装置を使って広げることができません。矯正治療とは別に外科手術が必要になることもあります。
手術が必要かどうかを正確に知るためには、精密検査を受ける必要がありますので、気になる方は当院までご相談ください。

日常の癖を改善するだけでは顔の歪みを治すのは難しい?

顔の歪みの原因が歯や顎骨にある場合は、頬杖やうつ伏せ寝などを改善しただけでは満足のいく見た目にならない可能性があります。
しかし、矯正治療をして歯並びやかみ合わせをきれいに整えても、口周りの癖と同じように日常の癖があるとトラブルが再発しやすいので、そのままにしておくのはおすすめできません。
顔の歪みをしっかり治すには、歯並びやかみ合わせを正常な状態に整えながら、それらに影響する口周りや日常の癖を直すことが大切です。
札幌 歯列矯正

かみ合わせや骨格以外で顔が歪むことはある?

肌が垂れることで顔が歪んで見えることがあります。
骨格に問題がなく以前に矯正治療を行って歯並びがきれいなのに顔が歪んで見える方や、かみ合わせや噛む位置のバランスに問題がみられない方は、加齢とともに徐々に肌のハリが失われて、それが原因で歪んでみえる可能性があるので注意しましょう。
肌のハリは、歯列矯正でかならず直せるとは断言できません。
しかし、口周りの筋肉を鍛えるMFTトレーニングであれば、ある程度の効果はみられる可能性があります。
最適な治療法を知るためにも、まずはご相談ください。
札幌 歯列矯正

顔の歪みが気になる方は当院までご相談を

顔の歪みは、原因によって適切な治療法が異なり、かみ合わせや歯並びが原因の場合は歯列矯正で治すことが可能です。
かみ合わせの不具合は歯並びとちがって自分では気づきにくく、一度悪くなった状態を自然に治すことは基本的にはできません。
顔の歪みだけでなく、お口や全身の健康にも悪い影響を与えますので、歯科医院で一度はチェックしてみましょう。
相談 札幌 歯列矯正