menu
close

ブログ

投稿日:2023.11.6

矯正で使用する「リンガルボタン」ってなに?

矯正治療と聞くとブラケットとワイヤーを使った矯正装置やマウスピース矯正を

思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
矯正治療には、上述した装置を使用しながら、歯の動きを手助けしてくれる道具がいくつかあります。
その中から今日はリンガルボタンについてご紹介していこうと思います☺

リンガルボタンって?

リンガルボタンとは、歯の表面に付ける小さなボタンのことです。
リンガルは裏側という意味ですが、表側に付けることもあります!
当院では見えやすい前歯にはクリアボタン、
臼歯など目立たない場所にはメタルボタンを使用しています。
ブラケット装置に比べて小さく、簡単に取り付けることができるという特徴があります。

リンガルボタン

リンガルボタンの活用法

表側矯正や裏側矯正、マウスピース矯正のいずれにおいてもリンガルボタンは使用します。

前歯を下げる

当院では下の前歯を下げるときにもリンガルボタンを使用します。
後ろから2個目の第一大臼歯と犬歯にリンガルボタンを取り付け、
パワーチェーン(鎖状のゴム)を用いて前歯を後ろに下げます。
上顎の前歯を下げるときには上顎にアンカースクリューを使用します。

顎間ゴム

顎間ゴムを引っ掛けるためです。

顎間ゴム
噛み合わせや上下顎の正中線(歯の真ん中のライン)を揃えるために顎間ゴムを使用します。
表側矯正の場合はブラケット装置に直接ゴムをかけていきますが、リンガル矯正の場合は
歯の表側にリンガルボタンを取り付け、ゴムかけをしていただきます。

リンガルボタンはいつ使う?

リンガルボタンの使用時期は患者さんそれぞれによって異なります。
治療初期で使うこともあれば、デコボコが取れてきた治療後半で使用することもあります。

リンガルボタンは目立つ?

せっかく目立ちにくい裏側矯正やマウスピース矯正を選んだのに、
ボタンが付いたら目立つのでは…?と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。
お喋りや笑ったときに見えやすい歯には透明なクリアボタンを使用するため安心してください。

リンガルボタン

奥歯は見えにくいので、外れにくいメタルボタンを取り付けますが、
小さいためほとんど目立ちません。
リンガルボタンの良いところは小さく目立ちにくいところですが、
小さいが故に接着面積が少なく、外れてしまうこともあります。
外れてしまった場合は簡単に付け直しができますので、歯科医院に連絡し、指示を仰ぎましょう。
長期間、付け直しができないと治療期間が長引いてしまうこともありますので、
なるべく早めに受診するようにしましょう。

ご一読ありがとうございました。