menu
close

ブログ

投稿日:2023.8.2

矯正したのに出っ歯が治らない?!

札幌キュア矯正歯科です🐩
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日は矯正治療を行ったのに出っ歯が治らない原因についてお話したいと思います📝

札幌 矯正治療
上顎前突の治療後は前歯の突出感がなくなるため、見た目の変化が大きく感じられます☺
しかし、歯科矯正治療は見た目を綺麗にすることだけが目的ではないため、矯正治療終了後の「保定」を疎かにすると後戻りをしてしまい、せっかく整えた歯並びが維持できなくなってしまいます😢

矯正治療後の変化

出っ歯になってしまう原因はいくつかありますが、主な原因として、上下の顎のバランスが悪い、上顎の骨が下顎に比べて成長しすぎるなどがあります。
顎のバランスや前歯の前方突出感を改善することで顔のバランスが良くなり、横顔もすっきりとします。

嚙み合わせが良くなる

出っ歯を改善することは、前歯を引っ込め歯並びを整えるだけではなく、奥歯の位置も正しくなるため歯全体で噛めるようになり嚙み合わせも改善されます。
嚙み合わせの不具合は歯並びだけでなく、肩凝りなど全身にも影響することもあるため矯正治療でこのような不具合も改善することができます。

Eラインができる

Eラインとは鼻と顎を結ぶ線のことで、横顔の美しさの基準とも言われています💖

矯正 歯列矯正 口ゴボ 口元改善
上顎前突の場合は、このEラインから唇が飛び出している状態になります。
当院の患者様もこのEラインを作りたいと矯正を始められる方が多いです✨

矯正後に後戻りしやすい人の特徴

矯正治療ではデコボコした歯並びを動かして綺麗に並べています。
歯は動いた位置に落ち着くまで元の位置に戻ろうとします。この動きを後戻りといいます。

矯正治療を終えた後はリテーナーという装置を用いて歯が後戻りをしないために保定という治療を継続します。
保定は整えた歯並びを維持するために必要不可欠な治療です。

後戻りの原因

後戻りの原因をいくつかご紹介します🖊

①リテーナーの使用時間

札幌 歯列矯正
リテーナーは、装置を外した1年間は1日20時間以上、食事と歯磨き以外は使用するという決まりがあります。
この使用時間を守っていただけないと後戻りする確率はグンと高くなってしまいます💦
後戻りが進むとリテーナーが合わなくなって作製し直しになったり、矯正治療をもう一度行う必要が出てきてしまうので使用時間は守りましょう😌

②歯ぎしりや舌癖がある

出っ歯になる原因のひとつに「舌癖(ぜつへき)」があります。
舌で歯を押すという些細な癖も歯が出っ張ってしまったり、後戻りを起こす原因につながります。
また、歯ぎしりや食いしばりも後戻りを誘発する原因となりますので改善が必要になります。

癖は無意識のうちに出てしまったり、寝ている間にしてしまうこともあり、本人の意志だけでは直すことが難しい場合もありますので、ご相談ください😌

最後に

矯正治療の終わりは装置を外した日ではなく、リテーナーの使用が終わった日です!
後戻りの多くはリテーナーの使用を怠けたことが原因であることがほとんどです。
リテーナーの使用期間や時間はご自身で判断せずに守りましょう🌟

ご一読ありがとうございました🎆