menu
close

ブログ

投稿日:2023.10.27

歯科矯正で使うペンデュラムって何?

歯科用語には普段聞きなじみのない難しい言葉がたくさんありますよね。
今回は矯正治療で使われる「ペンデュラム」についてご紹介していきたいと思います!

ペンデュラムって?

ペンデュラムとは、6歳臼歯を後方へ移動させたいときに使用される装置のことです。

矯正 拡大装置

顎が小さい・幅が狭いなどの理由で歯が本来並ぶスペースがないときに使用されます。

乳歯が抜けた後、6歳臼歯が前に倒れてくると、歯と歯の間隔が詰まり狭くなってしまい
新しい歯が生えてくるスペースが足りなくなってしまいます。
そうなると、本来歯が並ぶべき位置に永久歯が生えてこれなくなり
ガタガタ歯並びになる可能性が高まってしまいます。

歯列矯正ではまず、歯を並べるためのスペースを確保しなければなりません。
土台作りとして、矯正治療の初期段階でこのペンデュラムが用いられます。
ペンデュラムを利用して大臼歯を後方に移動させることで永久歯を生えてくるスペースを作ります☆

ペンデュラムを利用するメリット

ペンデュラム使用した矯正治療のメリットについてご紹介していきたいと思います!

➀大臼歯の遠心移動

ペンデュラムを利用することで6歳臼歯を確実に後方へ移動することができます。
特に子供の場合、成長期で顎の間隔が拡がりやすいことから6歳臼歯を遠心へ動かすことで
他の永久歯が生えてくる土台を作ることができます☺

②矯正器具が見えにくい

装置は歯列の内側にあり、ワイヤーも奥歯に装着することから矯正器具が見えにくいというメリットがあります!
歯列矯正を考えているほとんどの方が目立つことを気にされているのではないでしょうか💭

③非抜歯での矯正が可能になる

ペンデュラムを使用する一番のメリットは抜歯をしなくても矯正できる可能性がある!ということです。
大臼歯を確実に移動させることができるため、
抜歯をせずに歯を並べるスペースを確保することができることから
本来の位置に歯が生えてきて目標とする歯列に近づけることが可能になります✨

メリットがある一方で、装着時の違和感が大きいなどのデメリットもあります。
装置やワイヤーが食事やお話しするときに舌に当たってしまうため
慣れるまでの違和感や滑舌の変化に悩む方も多くいると言われています。
また、ワイヤーと歯の間に物が挟まり歯磨きがしにくくなることから虫歯になりやすいとも言われています。

ペンデュラムは大人でも使える?

大人の矯正治療でも使用することはできます。
しかし、顎の成長が完了してしまっているため歯が動きにくく、大臼歯を大きく後方に移動させるには治療期間が長くかかってしまいます。
ペンデュラムは大臼歯を後方に動かすことを目的とした装置であるため、歯が動きやすい成長期の子どもの矯正治療に多く使われます。

矯正前

最後に

大人になると顎の成長は終わってしまい、骨格が完成しています。
そのため、顎の幅を拡げるには時間がかかったり、場合によっては外科手術の併用が必要となることもあります。
当院では無料カウンセリングを行っておりますので、歯並びや噛み合わせについて気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください。

札幌矯正歯科

ご一読ありがとうございました💜