menu
close

ブログ

投稿日:2023.6.26

歯列矯正で抜歯は必要?

札幌キュア矯正歯科です🎣
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日は「矯正歯科で抜歯は必要か」という内容についてご紹介していきます👂

抜歯とは?

矯正治療では、「抜歯」を行う場合があります。
矯正治療での抜歯は、虫歯が特になくても健康な大人の歯(永久歯)を抜いていきます。
ただし、抜歯が必要か不要かについては患者様のお口の中の状態や、患者様が理想とする歯並びやお望みによって異なるため、歯科医院での精密検査が必須になってきます。

抜歯が必要なケースとは?

抜歯が必要になることが多いケースについてご紹介していきます。

➀歯を並べるスペースが足りない

札幌 歯列矯正

歯列矯正をするにあたり、きれいに歯を並べられる場所(スペース)が必要になります。
デコボコやガタガタな歯並び(叢生)の方は特に、今のスペースではきれいなアーチ状を保って並びきれないため、歯が一部前に出ていたり、重なったりしながら無理に並んでいる状態です。

日本人は欧米人に比べ顎が小さい方が多く、抜歯をしてスペースを作らなくてはいけないことが実際に多くあるのです😔
スペースに余裕がない場合に無理に並べてしまうと、歯並びのデコボコは取れても、歯列が全体的にふくらみ、口元が膨れ上がるようなシルエットになってしまうことがあるので注意が必要です。

②上下のかみ合わせにズレがある

札幌 歯列矯正

出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)の方に多く見られるかみ合わせのズレも、改善するために抜歯が提案されることがあります。
かみ合わせが悪い状態は、歯の負担が不均等になっているため、一部の歯にのみ負担がかかり全体のバランスを崩してしまいます。
その他にも、食事がしにくかったり、話しづらさを感じたりと弊害は多岐に渡ります。

また、歯の移動だけではかみ合わせの改善が難しい場合(骨格的な問題の場合)は、外科手術を伴い矯正治療を行う必要があり、大学病院など口腔外科と提携し治療を行います。
当院の外科矯正についてはこちらをご覧ください。

③口元を下げたい(横顔を整えたい)

札幌 歯列矯正

患者様からよくいただくお悩みやご要望で多いのが、「口元を下げたい」「横顔、Eラインを整えたい」というものです。
口元を全体的に後方へ移動させていくということは、後ろに下がる分だけのスペースが必要ということになりますので、比較的抜歯が必要になるケースが多いです。
ただし、横顔やEラインのバランスは一人ひとり違いますので、担当医としっかりご相談することが必要です😌

抜歯の箇所

抜歯の箇所や本数は患者様によって異なります。
箇所については、前歯から数えて4番目(第一小臼歯)か5番目(第二小臼歯)を抜くことが多く、本数は上下合わせて最大4本になります。
どの箇所の歯を何本抜くのが最適なのかをデータをとり、しっかり分析して決めていきます🌟

札幌 歯列矯正

非抜歯での矯正治療

歯並びのデコボコが軽度であった場合や、元々歯の間にすき間がある(すきっ歯)などの症状をお持ちの方は非抜歯での矯正治療も可能な場合がございます。

ただし、無理な非抜歯矯正は「後戻り」のリスクを高め、治療後に口元が出っ張る可能性があるので注意が必要です。
狭いスペースに歯を並べるため、治療後の歯並びが不安定になりやすく、再治療が必要になる場合やそれによって追加の治療費もかかることもありますので、抜歯の必要性について担当の医師と詳しくご相談して決めていきましょう😌

最後に

札幌キュア矯正歯科

当院は患者様それぞれに合わせた治療方法をご提案しております。
詳しくは是非無料カウンセリングにてご相談ください🌷

ご一読、ありがとうございました🌸