menu
close

ブログ

投稿日:2023.12.25

梅干しシワを治すには

皆さんは「梅干しシワ」はありませんか?
梅干しシワとは、口を閉じたときにあごにできる梅干のようなシワのことを言います。
力をいれないと口を閉じられない方はできやすいです。
梅干しシワができてしまう方は、口角が下がりやすいこともあり、
不機嫌に見えたり、怒っているような印象を与えがちです。
コンプレックスになっている方も多いのではないでしょうか。

札幌 歯列矯正

ここからは「梅干しシワ」ができやすい方の特徴や、
治療方法についてご紹介していきます!

梅干しシワができやすい人

梅干しシワができやすい方の特徴についてみていきましょう!

①出っ歯(上顎前突)の方

札幌 矯正歯科

歯が前に突出していると、歯が唇よりも前に出ているため、閉じづらくなる方がほとんどです。
力を入れて下顎を持ち上げなくてはいけない為、梅干しシワができやすいです。

また、歯が前に出ていると、横顔のシルエットにコンプレックスを抱くほかにも、
無意識のうちに口が開きやすいため、口呼吸による悪影響も受けやすいです。

②開咬(オープンバイト)の方

札幌 矯正歯科

開咬とは、奥歯を噛み合わせたときに、上下の前歯が噛まなくなってしまう状態です。
画像のように前歯部にすき間ができてしまいます。
開咬の方も口を閉じることが難しいため、筋肉に負担がかかり梅干しシワができやすいです。

梅干しシワができるほかにも、
出っ歯の方同様口呼吸になりやすかったり、食べ物を噛み切れなかったりするため、
早めの改善が望ましい症状です。

③口ゴボ(上下前突)の方

札幌 歯列矯正

口ゴボの方も梅干しシワができやすくなります。
口ゴボとは、上下の歯が全体的に前に突出していることをいい、
横から見ると鼻よりも口元が出ているような場合もあります。

口元が全体的にモコっと膨らんだ印象を受けるため、
見た目がコンプレックスになってしまっている方も少なくないでしょう。

梅干しシワの治し方

1.歯列矯正

先述したように、梅干しシワができる原因の多くは「歯並び」である方が多いです。
「歯並び」が原因である方は、歯列矯正によって治療することが可能です。
歯列矯正は「マウスピース矯正」と「ワイヤー矯正」に分かれます。
患者様の歯並び、かみ合わせの状態によって最適な方法が違いますので、
精密検査がとても大切になります。

①マウスピース矯正

札幌 矯正治療

透明な素材で目立ちにくい装置です。
ご自身で取り外すことが可能なため便利ですが、
1日20~22時間以上の装着できないと歯が動かないため注意が必要です。
また、治療を進めるためにご自身でマウスピースの交換頻度も守っていただくため、
自己管理能力が非常に求められる治療方法です。

メリット

・目立ちにくく、審美性が高い
・取り外しができるため口腔内を清潔に保ちやすい
・来院頻度が抑えられる

デメリット

・装着時間を守らないと歯が動かない、または後戻りする
・交換頻度を守る必要がある
・飲食の際は必ず外す必要がある
・適応できない症例がある

②ワイヤー矯正

札幌 歯列矯正

歯に直接装置を付けて、そこにワイヤーを通し歯を動かします。
マウスピースと違いご自身で取り外しはできませんが、
自己管理が苦手な方や、面倒くさがりな方にはお勧めです。
変化を感じるまでのスピードが早いのがメリットで、モチベーションアップにもつながります☆

メリット

・見た目の変化が早い
・ご自身で取り外しができないため、装着時間などの縛りがない
・飲食がこのまま行えるため、好きな時に飲食ができる
・適応できる症例が多い

デメリット

・装置をつけてすぐは違和感を感じることがある
・装置のすき間に食べ物が挟まりやすい
・表側矯正の場合、審美性に欠けてしまう

2.ボトックス注射

札幌 矯正歯科

歯並びや骨格が関係していない場合、ボトックス注射でも改善できることがあります。
また、その他にも歯ぎしりや食いしばりもボトックス注射で改善が見込まれます。
手軽にできる反面、永久的な治療ではない為、効果を感じ続けるためには定期的に打ち直す必要があります。

3.顎の外科手術(外科矯正)

札幌 歯列矯正

顎が大幅に前に出ている、後ろに下がり過ぎている場合、歯列矯正のみでは治療をすることが難しい場合があります。
このような場合は、顎の位置を調整する「外科手術」が必要になります。
口腔外科との提携が必要で、手術も決して容易ではないため、歯科医師とよく相談し慎重に決めていく必要があります。
入院が必要であったり、費用が高額になるといったデメリットはありますが、
根本から治療をする事が出来る為、治療後の変化は大変期待できるでしょう。

当院では外科矯正「サージェリーファースト」を取り入れており、
矯正治療のみでの対応が難しい場合には外科手術を伴う治療方法のご提案が可能です!
詳しくはこちらをご覧ください⇒≪外科矯正について

最後に

いかがでしたか?
ご自身の原因が何か、考えてみましょう。
1.歯列矯正 2.ボトックス注射 3.外科手術(外科矯正)を検討してみましょう!
どこに行くかを迷ったら、一度歯科医院にてご相談することがおススメです☆
当院の無料カウンセリング予約はこちらから。

ご一読ありがとうございました!