menu
close

ブログ

投稿日:2023.12.18

受け口で見た目が悪いのは矯正で治る?

お顔のパーツの中で口元が気になっていらっしゃる方は、
「矯正したら見た目が良くなるのでは?」と一度は気にした事があるのではないでしょうか?
受け口(反対咬合)は、矯正で見た目を治すことができる場合があります。
ただ、受け口が治ったとしても他のお顔のパーツに原因があると、
一概に治るとは言い切れないでしょう。
今回は、矯正するとどのように見た目が治るのかを解説します!

受け口(反対咬合)とは

札幌 矯正歯科

受け口(反対咬合)とは、本来上の歯が下の歯より前で咬む状態に対して、
下の歯の方が前で咬んでいる状態であることをいいます。
他にも下顎前突症(かがくぜんとつしょう)などとも呼ばれています。
受け口になる原因は様々で、原因から知りたい方は以前のブログ記事、
受け口改善にベロ回しが効くって本当?』を是非ご覧ください。

治療方法は大きく分けて2つ

1.歯列矯正

上記のように、上の歯が下の歯より前で咬む状態に対して下の歯の方が前で咬んでいる状態など、
歯並びやかみ合わせの位置異常による受け口の場合は歯列矯正で治すことができます。
見た目の変化は、口元で一番よく見える前歯からキレイな歯並びを実現することできます。
人前で話したり、笑うことなども抵抗なく過ごして自然と笑顔も増えるのではないでしょうか。

札幌 矯正歯科

2.歯列矯正+外科手術

歯の位置異常だけでなく上顎が小さい、もしくは下顎が大きいことによって
かみ合わせが上下逆になっている骨格性の受け口の場合だと
歯列矯正の治療だけでは難しく外科手術を併用することが多いです。
口元だけでなく顎も見た目が気になるという場合、可能性として考えられる治療方法になります。
外科手術では、下顎の骨を一部切除して空いたスペースを閉じる様に顎を後ろ側に移動させます。
外科手術を用いることで、キレイな歯並びだけでなくEラインと呼ばれる横顔や
フェイスラインなどもキレイに見えるくらい見た目が変化する方がほとんどです。

札幌 矯正歯科

最後に

冒頭の通り、受け口を気にした見た目は矯正で治すことができる場合と、
歯列矯正+外科手術によって治すことができる場合がございます。
外科手術を用いた治療について当院ではサージェリーファーストという治療方法を行っております。
サージェリーファーストは自由診療となりますが、保険適用の外科矯正に比べて見た目の変化を
短い期間で変えることができ、矯正装置が目立たない裏側矯正ができるので人気の治療方法です。
ただ、受け口の方が全員同じ治療方法になるわけではなく
一人一人に合わせた治療計画を立てられる様、精密検査を行っております。

まずは、自分に合った治療方法を知ることが大事です。
治療方法を詳しく知りたいという方は是非当院の無料カウンセリングで一度ご相談ください。
ご一読いただきありがとうございました。

札幌 歯列矯正