menu
close

ブログ

投稿日:2023.7.10

リテーナーはいつまで使えばいいの?

札幌キュア矯正歯科です🐩
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日は矯正治療終了後に使用するリテーナーについてご紹介していこうと思います📝

リテーナー(保定装置)

リテーナーとは、矯正治療が完了した後に歯並びを安定させるために使用する装置のことです✨
矯正治療が終わったばかりの歯はまだ不安定で、元の位置に歯が移動してしまう
「後戻り」を起こしやすい状態にあります。
リテーナーを使用することで後戻りを防ぎ、綺麗に並んだ状態を維持しやすくなります☺

保定装置の種類

リテーナーの種類には取り外しができるものと、固定式のものがあります。

①プレートタイプ

リテーナー
取り外しができるタイプの保定装置で、歯の表面をワイヤーで覆い、
歯の裏側をプラスチックのプレート(床)で歯列を抑えます。
プレートタイプの保定装置には清掃性が良いといったメリットがありますが、
審美性に欠ける・慣れるまで違和感があるといったデメリットがあります。

②マウスピースタイプ

札幌 歯列矯正
プレートタイプ同様に取り外しができる装置で、プラスチックで歯面全体を覆います。
清掃性も良く、見た目も透明であることから審美性も高く、
当院で使用しているリテーナーもマウスピースタイプになります👏
しかし、歯面全体を覆うことから慣れるまで多少の違和感があるというデメリットがあります😢

③ワイヤー固定タイプ

上述した二つとは異なり、歯にセメントで固定する取り外しができないタイプになります。
後戻りが特に起きやすいと言われる前歯の裏側に付けます。
歯の裏側に付けるため目立たず審美性が最も高く、違和感も少ないというメリットがあります。
しかし、歯に直接ワイヤーを固定するためワイヤーの周りに汚れが溜まりやすく、
虫歯や歯周病のリスクが高まるというデメリットがあります。

リテーナーの装着時間

札幌 矯正

取り外しタイプのリテーナーは食事と歯磨きを除いた時間装着することが望ましいとされています。
装着するのを忘れてしまったり、違和感があるといった理由でサボってしまうと
せっかく綺麗になった歯並びが崩れ、後戻りを起こす原因となるので注意しましょう!
また、後戻りをしてしまうとリテーナーが合わなくなるといったトラブルも起きかねないので
使用時間は必ず守りましょう😉

保定期間

矯正治療と同じ、2年~3年は必要とされています。
後戻りのしやすさは歯並び、口周囲の筋肉・舌癖など影響を受けやすく個人差があります。
そのため「もういいかな…」と自己判断せず、決められた期間ごとに受診し、
必ず主治医の判断を受けましょう😌

違和感の強かった矯正装置が外れ「やっと終わった😙」と開放感が多いかと思いますが、保定期間はきれいになった歯並びや噛み合わせを固定するためのとても大切な期間です✨
保定期間を終えるまでの期間、しっかりとリテーナーを使用していただくことで矯正治療後の後戻りのリスクは減らすことができますので、保定期間中のリテーナーの使用は是非頑張って行いましょう💙