menu
close

ブログ

投稿日:2023.6.16

マウスピース矯正中に虫歯になった場合どうなる?

札幌キュア矯正歯科です🐦
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!
本日はマウスピース矯正中に虫歯になった場合についてご紹介していきたいと思います📖

矯正中は虫歯になりやすい?

札幌 矯正歯科

マウスピース矯正はワイヤー矯正に比べると、『ご自身で装置を取り外して歯磨きができるため虫歯になりにくいのではないか?』と思う方もいらっしゃるかと思います。
確かに、ワイヤー矯正はご自身で装置を取り外すことが出来ない為、ワイヤーと歯のすき間のお掃除に矯正用の細い歯ブラシを使う等、少し工夫が必要になってきます。
ですがマウスピース矯正だと虫歯ができにくいというわけではございません。
マウスピース矯正では透明な装置を歯に被せるようにはめているので歯が唾液と触れていない状態になります。
唾液には自浄作用があり、お口を綺麗に保つ効果がありますが、マウスピース矯正をしていると唾液と歯が接することが少ないので自浄作用が働きにくくなってしまいます。
なので、マウスピース装着時の飲料はお水のみとなっており、食事をする際は外し、食後は歯磨きをするようお願いしております。

マウスピース矯正中に虫歯になった場合

虫歯 矯正

マウスピース矯正中に虫歯になってしまった場合、
マウスピースは取り外すことが可能なので虫歯の治療をすることは可能ですが、
虫歯治療の過程で、詰め物や歯を削ったりすることで歯の形が変わってしまいます。
歯の形が変わってしまうと装置が合わなくなっていしまうので歯型をもう一度取り直し、装置を作りなおす必要があります😖

虫歯にならないために

札幌 マウスピース矯正

マウスピース矯正は治療期間が2年半~3年ほどかかると言われています。
矯正は出来るだけ短い期間で終わらせたいと思う方が多い印象ですが、虫歯になってしまうと虫歯治療、装置再作成等で期間が延びてしまいます💦
矯正中に虫歯が出来ない為の注意点をいくつかご紹介させていただきます❕

虫歯の検診

矯正 虫歯

装置を付ける前に、虫歯の検診・治療を行うことで虫歯の悪化を防ぐことが出来ます⚔
小さい虫歯や着色だけの虫歯だと進行しない場合もありますが、矯正治療をスムーズに行うためにも矯正前の虫歯治療が大切になってきます。
矯正をすぐに始めようと思っていない方も、虫歯検診を定期的に行うことで矯正を始めるときにスムーズにご案内できる場合があります🦷

歯のブラッシング

札幌 矯正治療

食後、マウスピースを付ける前の歯磨きを怠ると菌が繁殖してしまい虫歯の原因になります。
ご飯やジュースなどを口に運ぶ際にはマウスピースを外し、
しっかりと歯磨きをしてからマウスピースを付けることによって虫歯を防ぐことが出来ます⚔
またフロスや歯間ブラシを使うことで、よりお口を清潔に保つことが出来ます🌷

マウスピースのお手入れ

矯正 お手入れ

マウスピース矯正では歯を動かすために、1日20~22時間付けていただき、数日ごとに新しいマウスピースに変えていただく事で歯を動かしていきます。
マウスピースは数日間同じマウスピースを付けていただくのでお手入れを怠ってしまうと雑菌が繁殖してしまい、口腔内のトラブルに繋がってしまう場合があります😱
お手入れ方法をいくつかご紹介します👐

スポンジや歯ブラシなど

マウスピースは傷つきやすい素材でできている為、硬いもので洗ってしまうと傷をつけてしまう場合があります。
水道水などで洗う際には、指やスポンジ、柔らかい歯ブラシなどで洗いましょう🧼
歯磨き粉を使うと研磨剤で傷をつけてしまう場合があるためNGです!!

洗浄タブレット

マウスピース矯正 リテーナー洗浄剤

洗浄タブレットは除菌効果があるので、マウスピースのにおいが気になるときなどに使用するとマウスピースを清潔に保つことが出来ます。
入れ歯用など異なる装置の洗浄タブレットを使うと傷ついてしまうなどのリスクもあるので、マウスピース専用の洗浄タブレットを使うことをお勧めします👍

最後に

歯科 虫歯 菌

矯正中でも口腔内を清潔に保つことで虫歯は予防することが出来ます❕
最初はめんどくさく感じてしまったり、やり方が分からなかったりで不安に感じるかと思いますが、
矯正を始める際には改めて歯磨きの仕方などのご説明もさせて頂きます❣
綺麗な歯並びになるために一緒に頑張ってみませんか❔🌸
矯正について気になる方は、無料カウンセリングも行っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪