menu
close

ブログ

投稿日:2023.12.6

マウスピース矯正はどのぐらいの期間がかかるの?

マウスピース矯正は装置が目立ちにくく取り外しができる治療として人気ですが、
治療期間が長い印象をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はその治療期間について解説いたします!

マウスピース矯正の治療期間

札幌 歯列矯正

マウスピース矯正の治療期間は、全体矯正した場合で2年半~3年が目安の治療期間となります。
ただ、個人差もありますので中には早く終わる方もいらっしゃいます!

治療期間がかかる理由

1.装置の取り外しができる

食事や歯磨きの時に取り外しができるのでメリットに捉えられる部分ですが、
装着時間(1日20時間以上)が決められているのでマウスピースを外している時間が増えると
その間は歯が動かない、場合によっては元の悪い状態に戻ってしまうことがあります。
治療計画通りに歯が動かないため、結果的に矯正期間が長くなってしまいます。

ですので、基本的には食事や歯磨き以外は常に装着して頂くという事が望ましく、
決められた装着時間は必ず守るように習慣化させていくことが大事です。

札幌 矯正歯科

 

2.矯正治療中の虫歯

矯正治療中に虫歯が出来た場合、虫歯治療を優先して進めていきます。
また虫歯治療を行って歯の形が変わってしまうとマウスピースを再作製する場合もあります。
新しいマウスピースが出来上がるまで治療が滞ってしまいますのでその間の治療が進まなくなってしまいます。

虫歯の治療は矯正治療が始まる前に終わらせておくことももちろん大事ですが、
矯正治療中の虫歯もできないように注意しながら過ごしていく必要があります。

札幌 矯正歯科

3.歯の移動距離に限りがある

マウスピース矯正の治療方法は一定の日数ごとに新しいマウスピースに交換していきますが、
マウスピース1枚あたり0.15~0.25mm程度の移動距離と言われています。
最大1か月に1mm程度歯を動かすワイヤー矯正と比較すると、
マウスピースは1枚あたりの移動距離が限られていて
緩やかに歯を動かしている分移動時間がかかっています。

歯がガタガタの場合や歯列から大きくずれていたりすると、正しい位置に戻すのに
移動距離が必要なため時間がかかってしまい治療期間が長くなるケースが多いです。
症例によっては歯を大きく移動をするため、一度ワイヤー矯正で歯を移動させ、
ある程度歯が並んでからマウスピース矯正に移行する治療をする場合もあるのです。
なので、まずは自分に合った治療方法を知ること・調べてもらうことが重要です。
その為には、経験豊富な医院で診断して頂くことが好ましいでしょう。

札幌 矯正歯科

治療期間を延ばさないためには

1.決められた装着時間・装着方法を守る
2.虫歯の治療が増えないよう予防する
3.自分に合った治療方法を診断してもらう

いかがでしたでしょうか?
自分は矯正の治療期間がどのくらいかかるんだろう?と気になる方は、
是非当院の無料カウンセリングにてお気軽にご相談ください!
ご一読いただきありがとうございます。

札幌 矯正歯科