menu
close

ブログ

投稿日:2023.7.26

マウスピース矯正が増えている理由??

こんにちは!
札幌キュア矯正歯科です!
当院のブログを見つけてくださりありがとうございます!😊
暑い日が続きますが、皆さん元気に過ごしていますか!?
さて、今回は『マウスピース矯正が増えている理由』について話していきたいと思います!

マウスピース矯正ってどんな矯正?

 

マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットを使用せずに透明なマウスピースを装着して歯を動かしていく矯正方法です!
透明な為、目立ちにくいことが特徴です✨
仕事上見た目を気にする方、矯正中でもしっかり歯磨きをしたい方などにおすすめの矯正方法です!

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリット・デメリットについて詳しく説明していきます!

マウスピース矯正のメリット

1.透明な為装置が目立ちにくい
→マウスピース矯正の一番のメリットで、やはり【目立ちにくい】点です!✨人前に出るお仕事の方にはお勧めです!
2.マウスピースを外せる
→お食事や歯磨き時はマウスピースを外せるので、食べるものを気にせずにお食事できます。また、普通の矯正と違い歯に装置が付いていないため、歯磨きもしやすいところがマウスピース矯正でいい点ですね!😊
3.通院回数が少ない
4.金属アレルギーの心配がない
5.楽器を吹ける🎺

マウスピース矯正のデメリット

1.ルールを正しく守らないと歯が動かない
ルールとは!?
・1日20時間から22時間以上はマウスピースを装着する⏰
・約7日ごとにマウスピースを交換する
・順番通りにマウスピースを交換する(勝手に順番を飛ばさないこと!)
・チューイを使用してマウスピースを正しくはめる

札幌 歯列矯正

2.適応できない症例がある

マウスピース矯正できる・できない症例とは!?

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを歯にはめて歯を動かしていきます!
普通にワイヤーで行う矯正と違い、マウスピースではできる矯正、できない矯正があります!🦷

マウスピースで適応できない代表的な症例

💙出っ歯(骨格が大きくずれている)
💙クロスバイト(左右の奥歯の噛み合わせがずれている)
💙左右非対称(正中が大きくずれている)

マウスピースで対応できる症例

💖叢生(そうせい)…歯がデコボコに並んでいる状態。
💖八重歯(やえば)…上の前歯の3番目に生えている犬歯が両隣の歯よりも外側に出て生えている歯のこと。
💖空隙歯列(くうげきしれつ)…全体的に歯と歯の間に隙間がある状態。いわゆるすきっ歯。
💖開咬(かいこう)…上下の前歯に隙間があるかみ合わせ。
💖上顎前突(じょうがくぜんとつ)→上の歯が下の歯よりも前に突き出ている嚙み合わせ。いわゆる出っ歯。
💖反対咬合(はんたいこうごう)→下の歯が上の歯よりも前に突き出ている嚙み合わせ。いわゆる受け口。下顎前突(かがくぜんとつ)ともいう。

 

いかがでしたでしょうか!?
今回マウスピース矯正について話してきましたが、普通の矯正よりもマウスピースの矯正の方が楽な点が多いかもしれないですよね!
これによりマウスピース矯正が増えてきているのかもしれません!!
最後まで読んでいただきありがとうございました!✨
次回もお楽しみに!!