menu
close

ブログ

投稿日:2023.11.29

チンキャップは大人の受け口も治せるの?

札幌キュア矯正歯科です。
当院のブログを見つけてくださり、ありがとうございます!
皆さんは『チンキャップ』はご存じでしょうか?
聞き慣れない言葉ですよね・・・。
歯列矯正に使用されるものになので解説していきます。

チンキャップとは

札幌 歯列矯正

チンキャップは子供の反対咬合の治療に使用される
取り外しが可能な装置になります。
チンキャップとヘッドキャップ、ゴムバンドから構成されていて
頭からヘルメットのように被ります。

どのような効果があるの?

下顎が上顎より成長が大きいことによる反対咬合の場合に
下顎の前方成長抑制し反対咬合の悪化を防ぐ効果があります。
効果については疑問視される意見もありますが
治ったという結果もありますので、使用する歯科医院は今もあります!

しくみ

ゴムバンドを調整することでチンキャップに力が加わり
ヘッドキャップ方向に引っ張られ下顎の前方成長を抑制します。

適応年齢

顎骨成長期である9歳から15歳のお子様の治療に適しています。
個人差はありますが女性は18歳ごろ
男性では25歳ごろに顎骨の成長が終了するといわれています。
そのため顎骨の成長が完了している大人には効果は期待できません。

使用時間

矯正 裏側

毎日10時間から12時間は使用しなければなりません。
見た目的に外出時に装着しやすいものではないので
基本的に家にいる時や就寝時につけてもらいます。
装着している時に激しい運動などすると装置に意図せず力が加わり外れてしまったり
ズレてしまったり怪我につながる場合もあるのでできるだけ安静にする必要があります。
遊び盛りな小学生などは少しストレスになるかもしれないです。

大人の受け口はどうしたら?

上記にも説明したように顎骨の成長が完了した大人にはチンキャップの効果は期待できません。
大人の方はワイヤー矯正やマウスピース矯正、外科矯正などで改善できます。

ワイヤー矯正

札幌 矯正歯科

歯にブラケット(装置)をつけてワイヤーを通すことで歯を動かしていく最も一般的な治療法です。
適応症例も多く効率よく歯を動かすことができます。

マウスピース矯正

札幌 矯正歯科

透明なマウスピースを1週間から10日間ごとに新しいマウスピースに交換して歯を動かす矯正です。
審美性が良く、矯正をしていることがわかりにくいです。
難しい症例は適応しないため、比較的軽度な受け口に向いています。

外科手術

下顎の顎骨を切って後方に移動させチタンプレートとボルトで固定をする治療になります。
全身麻酔下で行われ入院が必要です。
流れとしては外科手術を行う前に手術後にできるだけ良好な咬合が得られるように
術前矯正を半年から1年行います。その後、外科手術を行い術後矯正をしていきます。
外科手術の前に長時間準備が必要であったり術前矯正中に受け口が目立ってしまうので
当院では術前矯正を省いて先に外科手術を行い
その後に矯正をしていくサージェリーファーストを行っています。
受け口の患者さんには見た目を早く改善したいという方も多いです。
そういった方は外科手術を先に行うことで
術後ある程度外見が改善された状態で矯正を始めることができます。
ただ外科手術直後は咬合が不安定で不便な期間はあります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
大人の受け口にはチンキャップは向いていませんが、治療法はあります。
受け口が気になる方は是非無料カウンセリングへ!
ご一読ありがとうございます。