menu
close

ブログ

投稿日:2023.10.4

サージェリーファーストって何?

受け口には歯並びが原因によるものと骨格的な異常からくる受け口の2種類があります。
そのうちの「骨格的な異常」による受け口は歯列矯正だけでは改善することは難しいです😥
骨格からくる受け口を改善するためには外科手術が必要となってきます。

今回は当院で行っている「サージェリーファースト」についてお話したいと思います!

受け口とは

札幌 矯正 咬み合わせ

受け口とは上の歯より下の歯前に出ている噛み合わせのことを指し、「反対咬合」や「下顎前突症」と呼ばれることもあります。
食事の際に奥歯しか噛んでいないということも多く、奥歯が割れてしまったり(将来的には歯を残せなくなってしまう)、発音障害、咀嚼障害を引き起こす恐れがあります。

また、同じような症状で顎変形症と診断され、外科的手術が必要となる場合もあります😨

受け口の治療方法

受け口の矯正治療には二種類あります。
一つ目は矯正治療のみで治せるケースです。
具体的にどんな歯並びかというと、

・上の歯が下の歯よりも後ろに生えている
・上の歯が内側に傾いている
・下の歯が上の歯より前に生えている

といったケースになります。
この場合は一般的な歯列矯正で改善することができます。
具体的な矯正方法はワイヤー矯正、マウスピースによるインビザライン矯正になります。
しかし、骨格的な異常が原因の受け口は歯列矯正だけで改善することは難しく、
外科手術の併用が必要となります。

サージェリーファーストとは

骨格的な異常が原因である受け口の場合、歯列矯正だけで改善することは難しく、外科手術の併用が必要となります。
サージェリーファーストは顎変形症などが原因の歯並びと顔立ちを根本的かつ、効果的に治療する方法で近年進歩してきた矯正方法です。
従来だと外科手術前に術前矯正を行っていましたが、術前矯正を省き外科手術を行った後に矯正を行なうことで咬み合わせを改善させる治療法です。
術前矯正を行わないことで治療期間の大幅短縮を図ることが可能になり、現在サージェリーファーストは世界的に主流となってきています!✨

サージェリーファーストのメリット・デメリット

治療期間の短縮や早期に見た目の改善を得ることができますが、サージェリーファーストにもメリットとデメリットをいくつかご紹介していきます。

メリット

・術前矯正による見た目の悪化がない
・従来の治療法と比較し早期に見た目の変化を得ることができる
・術後の矯正治療による歯の移動が促進される
・治療期間の短縮が期待できる
・噛みにくい期間が短くて済む

術後の見た目の変化が少ないことや早期に見た目の変化が得られるのは嬉しいですよね😀

デメリット

上述したようにメリットがたくさんありますがデメリットもいくつかあります。

・自費診療となるため治療費が高額
・手術直後は噛み合わせが不安定になってしまう
・術後はマウスピースの装着が必要になることがある

サージェリーファーストはメリット・デメリットをしっかりご理解していただいた上で治療にお進みいただきます😌

歯科 カウンセリング

当院では札幌医科大学付属病院と連携しているためスムーズにご紹介できます!
札幌医大で外科手術を行い、矯正治療は当院が担当します。
それぞれの専門医が処置を行うためが安心して治療をお受けいただけます。
詳しくは当院のホームページをご覧ください。

ご一読ありがとうございました🐋