menu
close

ブログ

投稿日:2023.10.23

ゴムかけをさぼるとどうなる?

こんにちは!札幌キュア矯正歯科です🍊
いつも当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

歯列矯正を進めていく中で「ゴムかけ」が必要になる方がいらっしゃいますが、
皆さまは「ゴムかけ」とは何かご存じですか?
矯正装置にゴムを掛けていただくため、見栄えが悪かったり、話しにくくなったりするため「やりたくないなぁ…」という方も実は多いのではないでしょうか💦
ですが、ゴムかけにはとても重要な役割が多くあります✨
ここからはそんなゴムかけについて詳しくご紹介していきます。

ゴムかけとは?

札幌 歯列矯正

 

ゴムかけとは、小さな輪ゴムをアタッチメントやボタンに引っかけて歯を動かしていく方法です。
上の歯と下の歯にまたがって掛けてもらうことや、上の歯や下のみで完結する場合があります。
ある程度歯列が並んできた後の治療の後半に使用されることが多く、ゴムかけの使用によって仕上がりや治療期間に影響を及ぼすほど、
ゴムかけは矯正治療においてとても重要な役割があります。

ゴムかけの役割

ゴムかけの大切な役割には大きく分けて2種類あります。

①歯の移動を促す

札幌 矯正歯科

歯と歯の間隔を調整したり、歯の位置を移動させるために使用します。
例えば、抜歯のすき間を埋めるためにゴムをかけたり、前歯が出ているなど、突出しているところを引っ込めたい場合などにゴムを掛けていきます。

また、矯正装置のみでは力が足りない場合にもゴムかけの力を借りて、歯を動かしていくこともあります。
そうすることによって矯正装置の力を補助し、歯を理想的な位置に移動させることや、治療期間の短縮が見込まれます。

②噛み合わせの調整

札幌 歯列矯正

 

歯列矯正ではかみ合わせを合わせることがとても重要です。
かみ合わせが合っていない状態では、うまく咀嚼できなかったり、発音しにくかったり、更には顎への負担が不均等で歯並びを更に悪くする恐れがあります。
見た目だけ整えるのでは、歯列矯正が完了したとは言えません。
かみ合わせを合わせるために、ゴムかけをしてもらい、正しい位置で歯が噛めるよう調整していきます。

例えば日ごろ、頭痛や肩こり、歯ぎしりや顎の痛みがある方はもしかすると噛み合わせが悪いことによるものかもしれません。
積極的にゴムかけに取り組んで改善を目指しましょう!

ゴムかけをさぼると…

札幌 矯正歯科

食事の際はゴムを外してもらい、食事後にまた付け直すときには新しいものを使用するため、自己管理がめんどうで、ついついさぼってしまいがちになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが、ゴムかけをさぼってしまうとせっかく動いた歯が動く前の位置に戻ってしまったり、
縮められるはずの治療期間も長引いてしまったりと、サボってしまった時のメリットは何もありません😫
先述したようなゴムかけによる効果を最大限に発揮するために、サボらず続けていただくことが大切です!

当院の治療内容や方針については一人ひとりに合ったものをご提案しております!
ホームページはこちらから
是非一度無料カウンセリングにて歯並びのお悩みをお聞かせください👂