menu
close

ブログ

投稿日:2022.6.18

笑った時に歯ぐきが見える。これってガミースマイル?

札幌キュア矯正歯科です。
当院のブログをご覧くださりありがとうございます。
本日は「笑った時に歯ぐきが見える。これってガミースマイル?」についてご紹介していきたいと思います!

笑った時に歯ぐきが見える。これってガミースマイル?

札幌 歯列矯正

「笑った時に歯ぐきが見えて気になる…」という方はいらっしゃいませんか?
もしかしたら、それは「ガミースマイル」かもしれません。
ガミースマイルは、笑った時に歯ぐきの部分が見えすぎてしまう状態のことです。
人によっては見た目のコンプレックスになり、思い切り笑えなくなってしまうこともあります。
また、他にもお口周りのトラブルを引き起こしやすくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。
今回は、ガミースマイルの原因や治療方法についてお話していきます。
笑った時に歯ぐきが見えると気になっている方は、ぜひ参考になさってください。

ガミースマイルって何のこと?

札幌

一般的に、笑うと上の唇が持ち上がり、歯や歯ぐきが見えるようになります。
この時に、普段は見えない歯ぐきが必要以上に見えてしまう状態を「ガミースマイル」といいます。
笑った時に歯ぐきが少しでも見えればガミースマイルというわけではなく、上の唇の下から歯ぐきが3mm以上見えるかどうかが目安になります。

ガミースマイルによって引き起こされるデメリット

札幌 歯列矯正

①見た目のコンプレックスになる

一番大きいデメリットは、見た目にコンプレックスを感じてしまうことです。
笑うと歯ぐきが見えてしまうため「見えないようにしたい」という気持ちから、思い切り笑えなくなってしまうこともあるからです。

②唇が上手く閉じられないことがある

歯ぐきが乾燥しやすくなるため、唇を閉じる時に唇が歯ぐきに引っかかってしまい、上手く閉じられなくなることがあります。

③虫歯や歯周病のリスクが高くなる

お口が閉じにくい状態になると、お口の中が乾燥しやすくなってしまいます。
通常お口の中は唾液によって潤っており、唾液を飲み込むことで定期的に洗い流されるという仕組みがあります。
ガミースマイルによってお口が乾燥すると、この唾液の自浄作用が働かず細菌が繁殖するため、虫歯や歯周病になりやすくなってしまう可能性があります。

④口臭の原因になることがある

お口の中が乾燥して細菌が繁殖すると、口臭の原因にもなります。

⑤海外の人に驚かれることがある

欧米人の骨格では、ガミースマイルになることがあまりありません。そのため、驚かれてしまうことがあるかもしれません。

なぜガミースマイルになるの?その原因は

札幌 歯列矯正

そもそも、なぜガミースマイルになってしまうのでしょうか。
原因としては色々なものが考えられますが、主に「骨格や歯並びが原因の場合」「お口周りの筋肉や上の唇が原因の場合」「歯の大きさが原因の場合」の3つに分けられます。
ここでは、それぞれについて解説していきます。

①骨格や歯並びが原因の場合

・上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の顎の骨が通常よりも前に出ていることを、上顎前突といいます。
同時に歯が前に出ているいわゆる「出っ歯」であることも多いです。
出っ張った上顎が上の唇を押し上げてしまうことにより、歯ぐきの部分が見えやすくなります。

・過蓋咬合(かがいこうごう)
ディープバイトとも呼ばれ、上下の歯の噛み合わせが深くなっている状態です。
噛み合わせた時に上の歯が見えるのに対し、下の歯はほとんど見えません。
これは、​​上顎の過成長や下顎の成長が足りないことが原因となって生じます。
遺伝的な要素があるため、ご両親に過蓋咬合がみられる場合には、お子さまにも発生しやすくなるでしょう。

・上の顎の骨が縦に長い
面長の方は、上の顎の骨が縦に長いという特徴があります。
そのため、上の前歯が下の位置にあると、結果的にガミースマイルになる可能性があります。

・歯の生えている位置が低い
歯の生えている位置が低いと、歯と歯ぐきの境目の位置も下がってしまいます。
それにより歯ぐきの露出量が増え、ガミースマイルが生じることがあります。

 ②お口周りの筋肉や上の唇が原因の場合

・上の唇を持ち上げる力が強い
上の唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎると、必要以上に唇がめくれ上がってしまうため、歯ぐきもより見えるようになってしまいます。

・上の唇が薄い
縦幅が短く薄い唇の場合、口を少し開けた状態でも歯ぐきが見えることがあります。
この場合も、ガミースマイルが生じやすいといえるでしょう。

③歯の大きさが原因の場合

・歯が小さい
生まれつき歯が小さい「矮小歯(わいしょうし)」と呼ばれる場合や、
歯の萌出不全(ほうしゅつふぜん)で歯が短い場合は、歯ぐきが強調されて見えてしまいます。
歯の大きさが理由となって、歯ぐきの部分が気になってしまうこともあります。

・歯ぐきが歯に被さっている
歯ぐき自体が通常よりも発達しており、歯に被さっているために目立ってしまう、といった場合もあります。

このように、ガミースマイルの原因は一つではありません。中には、骨格的な問題と上の唇が原因となるなど、複数が重なって生じているケースもあります。

ガミースマイルの治療方法

このブログを読んでくださっている方の中には、きっとガミースマイルが気になっているという方もいらっしゃるのではないしょうか。
ガミースマイルは、原因や症状の程度にもよりますが、治療をすることで改善できる可能性があります。

ここでは一般的に行われているガミースマイルの治療方法についてご紹介していきます。

①​​外科手術

札幌 歯列矯正

ガミースマイルの原因が歯ぐきの位置や骨の成長に関係したものである場合、外科手術が有効な可能性があります。​​
「歯肉切除(しにくせつじょ)」や「歯冠長延長術(しかんちょうえんちょうじゅつ)」では、
歯ぐきや骨を調整して歯と歯ぐきのバランスを整えることにより、歯ぐきの露出を減らすことができます。

また​​、上の唇の力が強いために起こるガミースマイル​​では「上唇粘膜切除術(じょうしんねんまくせつじょじゅつ)」が有効です。
​​上の唇の内側と歯茎を切除して縫い縮める​​ことで、ガミースマイルを改善します。

② 矯正治療

札幌 歯列矯正

歯並びや噛み合わせが原因となっている場合には、歯列矯正をすることで改善できるかもしれません。
お口の状態により、どのような矯正治療が適しているかは異なります。
ワイヤー矯正が向いている場合もありますし、マウスピース矯正で行えることもあるでしょう。

骨格的な問題が大きい場合には、手術と矯正治療を合わせた外科矯正を行うこともあります。

③​​筋弛緩作用のある製剤による治療

札幌 歯列矯正

筋弛緩作用のある製剤を注入することで、神経から筋肉へ伝わる信号を遮断して筋肉の動きを抑える治療法です。
この治療は、上唇粘膜切除術と併用されることが多くあります。
ちなみに、筋弛緩作用のある製剤による治療効果は約3〜6ヵ月です。
そのため継続的に効果を得たい場合は、定期的に行う必要があります。
一時的な改善を希望される方に向いているかもしれません。

ガミースマイルのお悩みもご相談ください

札幌 歯列矯正

今回は、ガミースマイルになってしまう原因や治療方法についてお話しました。
口元のお悩みは大きなコンプレックスになってしまうこともあり、見た目だけではなく精神的な面にも影響してきます。
一人で悩んでいるのはとてもつらいことです。

札幌キュア矯正歯科では、ガミースマイルが気になる患者様のために「ガミースマイル改善治療」もご提供しております。
ガミースマイルがコンプレックスになっている方や、治療について詳しくお聞きになりたいという方は、どうぞお気軽にカウンセリングにお越しください。
自信を持てる笑顔のために、何でもお話いただけたらと思います。

ご一読いただきありがとうございました。